堂本剛ヘッドホンメーカーはBOSE?理由は何かも詳しく調査!

堂本剛さんがつけているヘッドホンはどこのメーカーはBOSEの何ていう商品?

ヘッドホンをしている理由は何?

堂本剛さんのつけているヘッドホンが話題となっています。

メーカーはBOSEですがBOSEの何という商品なんでしょうか?

また、おしゃれな堂本剛さんがヘッドホンをつけているので、理由はファッションの一部と思われた方もいたようですが、ヘッドホンをつけついる理由は突発性難聴という病気を患っているためです。

今回は、堂本剛さんのヘッドホンメーカーはBOSEのどの商品か調べました。

そして、堂本剛さんがBOSEにした理由やヘッドホンをつけている理由の突発性難聴についても詳しくまとめました。

堂本剛ヘッドホンメーカーはBOSEの何?

堂本剛さんは歌番組の出演の際、大きなヘッドフォンをしていることに気付いた方も多いのではないでしょうか?

堂本剛さんが付けているヘッドホンのメーカーはBOSEということですが、BOSEのどの商品なのでしょうか?

堂本剛さんのヘッドホンはBOSEのBose QuietComfort 35 wireless headphones(ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック)という商品です。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones(ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック)は、ノイズキャンリング機能で周囲の騒音を低減し、より静かにより良い音でオーディオのサウンドをクリアに。

周りの環境に合わせてノイズキャンセリングレベルを3段階で切り替えられるため、どんな環境でも音楽に集中する最適な環境にすることができるようです。

堂本剛はなぜヘッドホンメーカーをBOSEに?

堂本剛さんは音楽活動をするために、ヘッドホンなどを探して歌う環境を調整していたようで、色々と試した結果ヘッドホンを使うようになったと思われます。

歌う環境を調整する中で、現在使用しているBOSEのヘッドホンは、症状に一番適していたものだったのでしょうね。

堂本剛さんは突発性難聴のためにBOSEのヘッドホンをつけていますが、音を純粋に楽しみたい方にもおすすめのヘッドフォンですね。

堂本剛さんがヘッドホンを付けてい理由は、突発性難聴によるものですが、ご本人にインタビューとともに詳しくみていきたいと思います。

堂本剛がヘッドホンをする理由は突発性難聴⁈

堂本剛さんは歌番組の出演の際、大きなヘッドフォンをしていることに「なぜ、ヘッドホンをしてるの?」「ファッション?」と思った方もいると思います。

堂本剛さんは、2017年6月に突発性難聴を発症しています。

突発性難聴とは、耳鳴りやめまいなどを伴う病気で、ある日突然耳がよく聞こえなくなり、原因不明の感音性難聴の代表性疾患の一つです。

完治の難しい病気といわれ、元通りに回復するのは患者さんの約3分の1わずかとも言われています。

堂本剛さんの場合、突発性難聴を発症した約1週間後には入院をしています。

退院後、ご自身の病状について堂本剛さんは「耳鳴りがひどく右耳をふさぐと何を言ってるかも分からない」と耳が聞こえなくなっているとも言っていました。

その後、症状は落ち着いたようでしたが、2017年12月に突発性難聴の医学的な治療法がないと宣告を受けています。

突発性難聴を発症してからは、ヘッドホンをつけていないと、音が上手く聞き取れず歌いにくいようで、歌うときの状態について、次のように語られていました。

「僕は今、(左耳では)真ん中の音が重症で聞こえてなくて、下の音があんまり聞こえてません。

上の音は正常で聞こえているのが左耳の状態。

鼓膜の一番近くに綿を詰めて、20デシベル音圧を下げる耳栓をして左耳は音をカット。

ヘッドホンをして、右耳だけで歌っています。

そういう状況をとらないと頭の中で音がフワーってハウリングしちゃうんですよ。

自分の声も、歌っていても頭蓋骨でビービービービー響くので、聞いている音がかき消されていく状況がでてくる」

引用:https://www.daily.co.jp/opinion-d/2017/12/19/0010832127.shtml1

このように、堂本剛さんはステージに立って歌う場合に処置が必要とされています。

突発性難聴を発症してからは、病気の症状でうまく音が聞こえないなど、歌に大きな影響を与えるため、歌う時に必ずヘッドホンをつけています。

堂本剛はヘッドホンをテレ東の番組で外したのはなぜ?


突発性難聴を発症してからヘッドフォンが欠かせない堂本剛さんですが、以前テレ東音楽祭2019でヘッドホンを外したことがありました。

テレ東音楽祭2019のKinKi Kidsが出演した際に、機材トラブルによるハウリングが発生して「キーン」と言う音が鳴る現象が起こりました。

この時堂本剛さんは音が聞こえづらかったようでヘッドホンを外して歌っていました。

突発性難聴のこともあり、最後まで歌いきった堂本剛さんに感動された方も多く称賛の声が相次ぎました。

堂本剛は日常生活ではヘッドホンではなく耳栓が必要?

堂本剛さんは突発性難聴を発症した当時は、食べるときの音も頭に響いて食事も大変だったといいます。

また症状の1つとして耳、耳鳴りやめまい、吐き気、耳がつまった感じになることも多いようで、堂本剛さんもこのような症状が出ている可能性が高いようです。

そういった病気の症状がある場合に、耳栓をして症状を和らげているようです。

堂本剛ヘッドホン(BOSE)着用で現状は?

堂本剛さんは、日常生活を送る上では問題がなくなったと言っていました。

音楽活動をする上では、「この耳はきっと治るんだ」と思うよりも、今の自分の現状を受け入れてどうすれば、良質な音楽を届けられるかを歌うことに集中して治療したと語っていました。

完治するまではいきませんでしたが医師と相談したところ、細く付近に端を詰め耳栓した上にヘッドホンをつけ右耳だけ音が流れるようにすると言うことで歌を歌っているそうです。

そんな堂本剛さんの音楽に対する思いを持って歌を歌う姿に、ファンはどう思っているのでしょうか?

堂本剛ヘッドホンで歌番組出演にファンの反応は?

ヘッドホン姿で歌う姿も、おしゃれでカッコイイという感想を見られましたね。確かに、よく似合ってます!

突発性難聴と向き合いながら歌番組に出演する堂本剛さんの姿に心配の声も上がっていましたが、感動や称賛の声が多かったです。

堂本剛ヘッドホンメーカーはBOSEで理由は突発性難聴のまとめ

堂本剛さんのヘッドホンメーカーはBOSEのBose QuietComfort 35 wireless headphones(ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック)という商品でした。

ヘッドホンをつける理由は、突発性難聴の症状を和らげ歌うことに専念するためでした。

堂本剛さんは、普通に歌上手いから歌っている姿を見ても病気だとわからないと感じてしまいますが、目に見えない病気は理解がされにくく、辛いですね。

自分の病気と向きあいながら音楽活動を続ける堂本剛さんを、これからも一層応援していきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする